家を買う前に考えて欲しいこと

通常借金と言いますと数十万円から数百万円程度までが多いかと思うのですけど、家を購入するという事になるとこの桁が一気に跳ね上がる事になります。つまり数千万円程度の借金を背負う事になるという訳なんですね。何とか支払える人というのもいるのかも知れませんけど、その期間は数十年にも渡ってしまう訳でして、その間に何らかの理由により支払えなくなってしまうという事もあるでしょう。そうなるとメリットは完全に失われて、デメリットだけになってしまう事になります。

そもそも自分は家を購入したいのか?という所から考えてみていただきたいですね。この借金によってその返済のために人生の殆んどを使わなければいけなくなってしまうのです。肉体的にも精神的にも相当辛いという事になってしまうでしょう。それだけの価値があるかどうかというと正直言って微妙だと思います。その支払いが終わった時に感じるのは達成感ではなく後悔ではないでしょうか。こういう人達が今日本にはとても多いんですね。

それによって誰が得をするのかと言えば、銀行などのお金を貸している側の人達なのです。借りて働いてる側というのはずっと疲れるだけなんですね。相手側はお金儲けですから、自宅を購入するのが価値ある事の様に宣伝するのです。その口車に乗るような事があってはいけません。大切な人生の時間を有意義に過ごしてください。数千万円の借金を背負って得をする事など何一つないと言えるのです。

静岡で債務整理がオススメです。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です